ヤフオクで落札したのですが、 簡単決済での支払いになっていてそのままの

ヤフオクで落札したのですが、 簡単決済での支払いになっていてそのままの流れでそれを選択して、簡単決済でお支払いしようとしたところ、「簡単決済ではお支払いできません」となぜか表示が出てきて支払えなかったので 出品者に問い合わせしたところ、 「銀行振り込みでお願いします」ときて、口座番号教えてもらえたのでお振込みをしたところ、すぐ商品は送られて受け取ったので、評価をしようと思ったのですが 評価ボタンがなかったのでまた出品者に問い合わせたところ、 「お支払い完了連絡をしてもらえないと、発送連絡ができない」と言われてしまいました。 お支払い完了といっても、簡単決済のボタンしか見当たらず、他のお支払い方法に変更するボタンも見当たらず、 かといってお支払い完了ボタンも見当たら

ないのでお支払い完了ができません。 どうすればお取引をすすめることができるでしょうか?

商品が送られてきて受取完了したのでしたら、それでOKです。 一旦かんたん決済を選択した後で取引メッセージで出品者とやり取りして銀行振込を行うと、取り引きナビの画面はストップして先に進められなくなります。 従ってお支払い完了ボタンも出ません。 取り引きナビの画面は放置しておいてください。 放置しても何の問題もありません。 ペナルティなどもありません。 評価は「落札分」を開くと当該のオークションが載っていますので、そこから可能です。

ディズニーホテルの予約代行ってルール違反じゃないんですか?はたまた違法じゃないんですか? ヤフオクなどを覗くと「落札者様の名義で予約を代行してお取りします」だの「落札者様の名義でキャンセルアタックします」だのと書いて出品している輩がおりますが、あれって違法じゃないんですか? 他人の旅行の手配に手数料をもらうとなると、確か免許か資格が必要だったと思うんですが・・・。 ディズニーホテルがオフィシャルに禁止している宿泊権利の譲渡ではなく、あくまで名義は落札者のものでキャンセル拾いや予約代行をするというのは、グレーゾーンということで野放しになっているんですかね? 宿泊権利の譲渡でなく、代行での予約というのはディズニーホテル側から認可されているんですかね? 総合予約センタ��

�に予約がてら問い合わせてみましたが、「そういった事情はこちらではお答えできかねます」という歯切れの悪い回答でした。 こういった輩を儲けさせるからつけあがってはびこるので、私は自力でしか取りません。 こうしたセミプロのような連中のおかげでサーバーがダウンしたり、電話が一向に繋がらなかったりと大変迷惑に感じています。 ディズニーホテル側に直接報告(?)通報(?)するのは有効なのでしょうか? それとも悔しいですが放っておくしかないのでしょうか?

旅行業法によれば、「報酬を得て、旅行業務を行うものはその旅行業務の範囲に従って旅行業者の登録をしなければならない」と決められていますね。 報酬を得て他人の宿泊予約を代行する行為も含まれるでしょう。 ご質問案件の内容で具体的にどのような問題となるかは、弁護士など法律の専門家に報酬を払って相談し確かな情報を得るのが、間違いのない方法になりますね。 ここ知恵袋の様なWeb環境があれば素性の明らかではない誰でもが、何の責任も持たずに回答投稿出来る場所では、正しい情報もあれば、不確かな情報や故意による嘘の情報も出くる場所です。 因みに、宿泊予約代行業者が年間で一定以上の報酬を得ていたら、当然ですが確定申告が必要になりますので、その面からの違法性も検討課題になると思います。

> そもそも宿泊者本人しか宿泊に関する予約や変更はしてはいけないというのがルールだったと思うのですが。 ディズニーホテルの予約ルールの事かと思いますが、現在、宿泊予約者と宿泊代表者が異なっても問題のないルールです。 と、いうか、例えば3世代旅行などで、同日に2部屋以上の宿泊予約が必要な場合、1部屋目は宿泊予約者と宿泊代表者は同じでも、2部屋目は宿泊予約者と宿泊代表者が同じであれば、2部屋に一人の宿泊代表者が宿泊するのは物理的に不可能になりますので、不正予約と判断されてしまいます。 Aが宿泊予約者 1部屋目の宿泊代表者はA 2部屋目の宿泊代表者はB 2部屋以上の複数のお部屋を予約するケースでは、この様にしないと宿泊予約の申込みがNGとなりますね。 そして、実際に2部屋目に宿泊しないA�

��宿泊予約者)が、1部屋目も2部屋目も、お部屋タイプや宿泊人数の変更、取消しが出来ます。 また、1部屋の宿泊予約でも同様な運用があります。 Aが宿泊予約者 お部屋の宿泊代表者はB Aが現地へ行くこともなく宿泊しないこの様なケースでも、Aがお部屋タイプや宿泊人数の変更、取消しが出来ます。 質問者様が問題にしている宿泊予約代行業者は、依頼者(落札者)に成りすまして宿泊予約をしている(法的に問題があると思われる行為)か、後者の方法を利用して宿泊予約をしている(ディズニーホテルが容認しているルール内の行為)のでしょうね。 仮に、ディズニーホテルが容認しているルール内の行為だとしても、報酬を得ての代行行為であれば、ディズニーホテルの定めるルールではなく、法律(旅行業法)で定めるル

ールの適用を疑うことになります。 この辺りのルールの切り分けをきちんと理解していないと、この質問に回答があったとしても、頓珍漢な解釈をしてしまう恐れもありますので、注意が必要ですね。 > 自力で頑張って取っている私は、金に物を言わせてルールを無視している様子が腑に落ちません。 これは、質問者様がそのように思っているだけの事であり、自分に必要なディズニーホテルの宿泊予約を出来るような環境を整えれば、現状でも大変な混雑日でも必要な宿泊予約を取れるかもしれませんね。 実際に、現在の状況で大変な混雑日に、自前で希望の宿泊予約を取れている人達もいますね。 ディズニーホテルの宿泊予約競争に勝つには、必要な環境を整えなければ、例え、代行業者が排除されたとしても難しいですね��

� ご自身の環境が整っていない事を棚に上げて、簡単に「金に物を言わせて」と吠えても恥ずかしいだけの事だとの理解も必要かもしれません。